空室のままでのデメリット

1、一戸建てであれば、庭などの草木が伸び、害虫などが集まりやすい環境になる為、近隣からのクレームに繋がる可能性が高い
2、管理されて無い状態が明らかな場合、第三者の立ち入りや、建物へのイタズラや放火、廃棄物・リサイクル品の不法投棄など
3、換気を行わない事での建物の急速な劣化を招き、害虫や腐食、カビなどの発生原因となります。
4、上下水道への定期的な通水を行わない事での、排水トラップ(排水設備の配管の途中に設けられ下水道の悪臭や硫化水素などのガスを遮断し、屋内へ侵入する

のを防ぐ器具や装置、または構造)
5、台風や地震でのひび割れや、ズレから水漏れなどを発見が遅れ、壁・床の腐食から場合によっては、建物にとって致命的な躯体部分への被害を防ぐタイミング

が遅れ、多額な修復費用が必要に成ることも
6、管理が行き届いていなく、近隣から多くのクレームを受けるが放置した事により、将来に渡って近隣との関係が保てなく、いざ物件を利用・売却に至った時に

、近隣との調整や協力を頂かないと成らない事がスムーズに済まなくなる
7、物件所有者が近隣にいる事で安心をしていたが、例えば熱い夏の時期に通水を忘れていて室内に雑菌や害虫などが発生。寒い冬に物件を確認していなかった為

、凍結後の水道管等が破裂し、水漏れに気づかなく放置。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る