空家対策にはどんな方法があるか?

1、そのまま空室で持ち続け、老朽化・風化するまで放置
2、建物を解体し、更地にして放置
3、賃貸で貸す
4、売却する
5、空室管理を依頼する

それぞれに、良い面も、悪い面もある。
ただ、1、のそのままは出来れば避けたい。
全国的に風化した建物が問題となり、地方自治体単位で空き家条例が始まってます。
特に、危険性が高い建物は、解体を促されるでしょう。

空き家が多く成る理由としては、ようようですが、
1、固定資産税、都市計画税の軽減措置を利用する為
2、解体費用が高額で生活に支障をきたす
3、売却したくても、接道をしていない、土地や制限がかかり、いくら安くしても買主がいない。

※ いろんなケースで、空き家対策に踏み込めない場合もあります。
ただ、建物が倒壊や火災に成ってしまい、近隣へ被害が出た場合、損害賠償等も頭に入れとかなければ成りません。

どうして良いのか分からない、空き家を放置し、将来何も問題がなければ、良いですが。
ただ、何時かは相続で貰ったり、渡したりしなければ成りません。
人が住まなく成った不動産は、傷みも早く成り、さらに放置すれば害虫や雨漏れなどで、大きな修復費用が発生したり、修復自体無意味な建物と成ってしまうかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る